ラフなイラストブログ

日常でふと思った事をイラストや漫画にしています

本「アミ 小さな宇宙人」分かりやすいスピ本

おすすめのスピリチュアル本を1冊紹介します。 

アミ 小さな宇宙人

アミ 小さな宇宙人

 

 

イラストはさくらももこさん

表紙の絵は「ちびまる子ちゃん」でおなじみの、さくらももこさんです。

アミ 小さな宇宙人

挿絵はほとんどなかったのですが、本の世界観ととても合っている素敵な絵です。

内容

すてきなほほ笑みと子どものような愛らしさをたたえた宇宙人アミが、地球の少年ペドゥリートを宇宙の「理想郷」に案内してくれるというお話。
南米チリに生れ、世界各地を旅してきた著者が、人類普遍の「愛」の哲学を平易な言葉で語る、メッセージ性の強い作品。童話の体裁をとっており、「理想郷」の描写も童心にあふれた楽しいもの。

引用:アミ 小さな宇宙人 | エンリケ バリオス, さくら ももこ, Enrique Barrios, 石原 彰二 |本 | 通販 | Amazon

 かわいらしい見た目の宇宙人「アミ」が、主人公の少年に色んな世界を教えてくれます。

 

今はもう手元に本はないのでうろ覚えですが、こういう言葉がありました。

「目の前の美しい風景に気付かないのは、まだ眠っているのと一緒だよ。」

f:id:Dorotea:20170307231737p:plain

まとめ

昔ある記事で、UFOなどに詳しい矢追さんという方が「街行く人がみんな暗い顔で下を向いたまま歩いているのが悲しかった。だからみんなに少しでも上を向いてもらえるようにUFOの話をするようになった」というような文章を読んだことがあります。

 

心が優しくなれる本でした。

 

おわり

dorotea.hatenablog.com

 

広告を非表示にする