読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷静と情熱のはざま

日常でふと思った事をイラストや漫画にしています

観葉植物

雑記

f:id:Dorotea:20170224234544p:plain

もう狭くなってきてたみたい。どうりで元気がないと思った。

ゲーム「キラー7」狂気の世界

ゲーム 動画

昨日の記事はイラストを載せませんでした。

雰囲気が崩れるかなと思ってなしにしたのですが(面倒くさくもあった)、なにか物足りなさを感じたのと、イラストがあった方が私のブログっぽさが出るなぁ~と思ったので、これからはなるべく載せて行こうかなと思いました。

今回もゲームの内容なのですが、連続でゲーム記事をアップしてることと、少しこわい雰囲気なので止めようかと思いましたが、まぁそこまで気にすることもないかなと考え直して、紹介してみますね。イラストもありましたし。

キラー7とは?

f:id:Dorotea:20170222004023j:plain

↑敵キャラ。

はっきり言うと、変なゲームでした。

最初に知った時は「こういうの好きな人たまにいるけど、全然分からない」という感じでした。ホームページで10分以上も「こういうことかな?それともああいうことかな?」と理解しようと頑張りましたが、結局分からずじまいのファーストインプレッションでした。

が、1年後にもう1度見た時は、「めちゃくちゃかっこいい!」と良さが一瞬で理解できました。

味覚が変わる様に好みの感覚も変わっていくのかなぁと思いました。

 

でどういう内容かというと、ハードボイルドな大人のゲームです。

なんですが、内容が深すぎて詳しい所はクリアしても良く分かりませんでした。なのでネットで調べたところ、「調べるほど迷宮入りする」的なコメントを拝見したので頭で理解するのをあきらめました。

右脳で楽しむという感じです。

 

でも大人同士の会話はとても好きなので、聞き入っていました。

言葉遣いなどもすごく独特でしたし、殺伐とした感じなのにどこかシャレオツな雰囲気が漂っていました。

日本ではごく一部でしか人気は出なかったのですが、輸出先の北米やヨーロッパでは大人気になったみたいです。

f:id:Dorotea:20170222004041j:plain

↑ちょっと怖いかもしれないので小さめ表示。

キャラクター

f:id:Dorotea:20170222004145j:plain

↑主人公は、車椅子に乗った植物状態のおじいさん。

ケヴィンは無口。

f:id:Dorotea:20170222004304j:plain

↑ガルシアンは死体回収係。

カエデはリスカしてる。

f:id:Dorotea:20170222004234j:plain

↑コヨーテの言葉はなまりがきっつい。

ダンは普通の成人男性。

f:id:Dorotea:20170222004313j:plain

↑コンは盲目少年。

マスクはプロレスラー。

スミスという名前で統一されているのは、全員1人の中にいる多重人格みたいなものだからです。

 

一応動画も貼っておきます。もし興味があればどうぞ(※リアルではないですが血の表現有り)

↓世界中から狙われているやばい論文の奪い合いの場面。

www.youtube.com

↓大統領になりたい校長先生と殺し屋とのロシアンルーレット

www.youtube.com

↓世界観を網羅してるPV。

www.youtube.com

まとめ

これを好きになってから、全く興味のなかったハードボイルドな世界の分野に興味が出てきて、映画とかもちょっと見たりしました。

北野武の作品や「レオン」「ニキータ」などです。

でもこれほどハイセンスで尖ったものはあまりないのですごい作品だと改めて思いました。

ちなみに絵は下書きなしで描いているので紙からはみ出てるものもあります。

おわり。

ゲームゲームしてないゲーム

ゲーム 動画

私はゲームが好きな方なのですが、戦争ゲームとか格闘ゲームとかにはあまり興味がありません。

その世界観に浸っていたいので、雰囲気の良いものを選んでよく遊んでいました。

なので今回はあまりゲームゲームしていない、ゲームっぽくないものを簡単に紹介したいと思います。

ICO(イコ)

2人で協力して大きなお城から脱出するゲーム。

少年が少女の手を引っ張りながら行動する。

言葉が通じず、意思の疎通は簡単な言葉と身振りのみ。

小鳥のさえずりや風の音など、自然の音がBGMに。

www.youtube.com

 

人喰いの大鷲トリコ

トリコという架空の生き物と一緒に進んで行くゲーム。

猫のような鳥のような見た目は可愛すぎてしかたがない。

こちらの言うことを聞いてくれず勝手に移動することも多い。

www.youtube.com

 

rain

雨をテーマに夜の街が舞台のゲーム。

姿の見えなくなった少年少女が謎の怪物から逃げつつ原因を探しに行く。

絵本の中のような幻想的な雰囲気が広がっている。

www.youtube.com

 

ライフ イズ ストレンジ

海外のタイムリープもの。

選択肢を選ぶことで未来が変わっていく。

命の選択を迫られる重い内容もある。

音楽もとても良い。

www.youtube.com

 

まとめ

ゲームというとピコピコバンバンなものが多い印象だったので、今回はそういうのとは違った上品な雰囲気のものをまとめて紹介しました。

昨日の記事でゲームを取り上げたので、他にも色々と思い出してしまって記事にまとめたくなったので4本に絞って紹介してみました。

いやぁ、ゲームって本当にいいもんですね~。

おわり

ゲーム「ゼルダの伝説 風のタクト」アニメーションタッチがかわいらしい

ゲーム 動画

押入れをゴソゴソと整理していたら、好きだったゲームの絵がひょこっと出てきたので、その絵を載せるついでにゲームも紹介しようと思います。

ゼルダの伝説とは?

任天堂の人気ゲームシリーズ。アクションと謎解き要素があり、マリオと比べるとちょっぴり敷居が高い感じ。

↓遊べるアニメーションとうたわれるだけあって、コミカルに動くし、みんな死ぬほどかわいい。

www.youtube.com

タイトルにある「ゼルダ」というのはお姫様の名前。これがちょっとややこしい。

最初に主人公に自由に名前を付けられるのですが、ゼルダと付けてしまって、お姫様が登場した時に「そっちがゼルダ!?」とびっくりして「あちゃ~てっきり主人公の名前かと思っちゃった、テヘペロ☆」となるのは初心者のあるあるネタ

風のタクト」というのは、風を操れるタクトのこと。リズム感が大切で、ほんの少しだけ曲を演奏できる。

アニメーション風なのは今作だけで、他の作品はリアルで少しダークな雰囲気なので、POPなこれが1番好きですね。

この世界の紹介

このゲームを知らない人からすれば誰?ってなっちゃうと思いますが、雰囲気だけでも伝わればいいかなと思うので勝手に載せていきますね。

 

↓左側が主人公。左利き。一応リンクという名前が付いています。

右上の敵は、マギーという女の子と恋文の交換をしていた記憶が。

右下の敵はボスとザコ。鎧をたたくと取れていって足が速くなる。

ザコは何度も会うと愛着がちょびっとだけ湧いてくる気がする。

f:id:Dorotea:20170220050453j:plain

↓上段4兄弟はおじさんの妖精らしいです。首の時計はなぜか全部違いますね。

他は森の妖精です。それぞれ違う性格だったと思います。音楽好き。

f:id:Dorotea:20170222044049j:plain

↓4人組のにくめないわるがき。かくれんぼをして捕まえたりもします。

f:id:Dorotea:20170222044127j:plain

↓島の住人。

1人ひとりが毎日違う行動をしていて、行動観察をするのが面白かったです。メインの冒険よりも島で過ごす時間の方が楽しんでいたと思います。

f:id:Dorotea:20170222041848j:plain

↓その他の島の住人。

個人的に好きな人は、射的ゲームのお店を経営しているサルバトーレさんです。お店から出る時に必ず「カサ忘れないでね」とボソッとつぶやくのが心に残りました。

f:id:Dorotea:20170222041915j:plain

↓アイテム。

動物用のエサも買えるので、外であげることも出来ました。カモメとブタとか他には何がいたかなー。

このゲームでは手紙が重要なポイントになっています。色んな所にポストがあり、投函したり回収して渡しに行ったりとぐるぐるしてました。

お花や装飾品は町に飾ることが出来ます。それを見たボランティアの人が「ボランティアに興味があるのかい?ありがとう」とお礼を言ってくれたりします。

f:id:Dorotea:20170220050646j:plain

まとめ

とても個性的なキャラクターが沢山いて、すごく楽しめました。

冒険に関しても、船で海を渡るのは開放的でしたし、凝った謎解きも面白かったですね。

ちなみに絵は買ってきた攻略本を見ながら描きました。世界観が好きでよく写してました。

どうぶつの森も本を買って写してました。ページ数が多くて超ぶ厚かったです!最初に見た時は辞書かと思いました!

あと、PCの場合は画像を右クリックして「画像だけを表示」を押せばより拡大できると思うので試してみてください。

今記事を読み返したら、写真が暗くて見えにくいので今度からは改善してみますね。

と、いう感じです。

楽しさがちょっとでも伝わってればいいかなと思います。

おわり